レイク・エルシノア・ダイアモンド

Lake Elsinore Diamond, Home of the Lake Elsinore Storm

訪問日:2014.5.1

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ロスアンゼルス国際空港 (LAX) から乗り合いのシャトルでフリーウェイを2時間弱、ホテルに直行。シャトルは行き先の地域ごとに料金が決まっていて、レイク エルシノアまでは $99、けっこうな額です。

レイク エルシノア市は、その名前のとおり、エルシノア湖を囲む広大な地域にまたがっており、11のディストリクトから構成されている。ボールパークがあるのは、その名も Ballpark District。つまりはこの辺り、球場のほかには、これといった特徴がないってことでもある。

今回のホテルも Ballpark District 内、部屋からは2ブロック先にある球場の照明塔が見える。

野球観戦以外には出歩くこともなく、結局、市の全貌はよくわからないまま。観戦を終えた翌朝には、Business District のレイク エルシノア・アウトレットへ向かう。次の町へ向かうバスに乗るためなのだが、ホテルで呼んだタクシーで、ぷちトラブル発生。

タクシーの運ちゃん、通常の運賃の他に Startup Fee $20 を払えと言ってきたのである。市内にはタクシー会社がなく、市外から出張って来たからだという。ホンマでっか? 予想外のエクストラフィーにもむっとしたが、市外から来たというだけあって、目指すバス停の場所も知らないのにはビビった。通りを行ったり来たりして、やっとバスストップを発見。1日に数本しかないバスに、あやうく乗りそこなうところだった。

Walk in the park

ホテルにチェックイン後、ゲートオープンまでは、まだ2時間以上。近くにマクドナルドとか、タコベルとか、ガススタンドとかが集まる賑やかそうな一画もあるが、そんなところに行っても仕方ないので、ボールパークへ。

チケット入手後、チームストアをブラブラ。ふと見ると、ショップの球場側のドアが開いている。そのまま入っても何も言われなかったので、今度はスタジアム内をブラブラ。続々とスタッフが出勤してくるが、特に不思議がられることもない。時々話しかけられたり、何かとかまってもらって、いい暇つぶしになりました。

Game




Date : May 1, 2014, 7:05PM
Seat : Box, 111-J-10, $13.00
Game : Storm 3, Rawhide 2
-------------------------------------
Visalia       010 000 100 00 - 2  6 0
Lake Elsinore 000 020 000 01x- 3 12 0
-------------------------------------
W: Morrow (1-2)
L: Garcia (2-1)
HR: Court(2)
Time: 3:15, Attendance: 2,742

”ザ・ダイアモンド” という名のボールパーク。2Aリッチモンドの球場と同名ですが、こちらの方が後輩。3Aラウンドロックのデル・ダイアモンドよりは先輩。全体的に渋い集客力のカリフォルニア・リーグにあって、とらえどころのない田舎町ではあるけれど、観客動員数では毎シーズン1、2を争っております。

この日のプロモーションは、Thirsty Thursday。1杯1ドルでビールが飲める! ネーミングの絶妙さもあって、マイナーリーグの球場では、ここ数年一気に広まった感のある企画ですね。ビール待ち行列が長いと、試合中に何度も並んでられるかって気にもなりますが、ここの行列はそれほどでもなく、ついつい何杯も。

外野の向こうにサンタアナ山地をのぞみながら、ビールをグビグビ、こたえられませんなぁ。

Ballpark Data

所在:カリフォルニア州 レイクエルシノア

開設:1994年4月15日

収容:8,000人(固定席:6,066人)

広さ:左翼 100.0m (328ft), 左中 129.6m (425ft), 中堅 122.0m (400ft), 右中 117.7m (386ft), 右翼 94.5m (310ft)

フィールド:天然芝

建設費:2,430万ドル

設計:HNTB

チーム:レイクエルシノア・ストーム

リーグ:カリフォルニア・リーグ (A Advanced) 南地区

アフィリエーション:サンディエゴ・パドレス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です