キャッシュマン・フィールド

Cashman Field, Home of the Las Vegas 51s

訪問日:2009.5.2-3

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ロサンゼルスからの乗り継ぎ便が、メカニカルトラブルで突然のキャンセル、4時間後の便のウェイティングリストに登録して運を天にまかせる。この便を逃したら今日の観戦断念と半分は覚悟したが、なんとか潜り込むことができ、試合1時間前にようやくラスベガス入り。

空港からホテルまでタクシーで直行、荷物を放り出すと、またまたタクシーでボールパークへ。なんとか試合開始直後に入場を果たした。

カジノとエンターテイメントの街、ラスベガスの中心部は、南北に走る目抜き通り Las Vegas Blvd. に沿って、豪華ホテルが立ち並ぶストリップ、やや庶民的なダウンタウンというふたつの地区から成る。

キャッシュマン・フィールドのロケーションは、ダウンタウン地区の北側。ダウンタウンからのバスもあるようだが、歩いても Duece(ストリップ/ダウンタウンを走る24時間運行の2階建てバス)の発着場所から約15分。ナイトゲーム後の歩きは、決してオススメはしませんが、Las Vegas Blvd. 沿いをまっすぐ行くだけなので、迷いようがなく、恐怖心を感じるようなことはなかった。

Walk in the park

フラミンゴ、ミラージュ、シーザースパレス、トレジャーアイランド... 名だたるテーマホテル&カジノのイメージを期待すると、ありゃりゃと肩透かしをくらうことになる。設備面では取り立てて言うべきものはなく、ごくシンプルな造りのボールパークである。

ちなみにキャッシュマン・フィールドという球場名、カジノの町を思いっきり意識したダジャレかと思いきや、この土地を寄贈した地元の事業家キャッシュマンさんにちなんだネーミングだそうです。

外野の向こうに見える風景がビューティホー、一塁側からも三塁側からもくっきりとした山稜を眺めることができ、バドワイザーの味を引き立てる。

デイゲームの強い陽射しに耐えられないと思ったら、バックネット裏のプラザシートに逃げ込みましょう。2階席が屋根代わりになるだけでなく、ひんやりしたミストが頭上から噴き出ていて、ホッと一息つけます。

Games

Date : May 2, 2009, 7:05PM
Seat : Plaza Seating, P11-Q-13, $12.00
Game : Bees 4, 51s 0
-----------------------------
Salt Lake 000 002 020 - 4 8 1
Las Vegas 000 000 000 - 0 6 1
-----------------------------
W: MacDonald (3-1)
L: Mills (0-3)
HR: Rodriguez (8)
Time: 2:48, Attendance: 5,822

Date : May 3, 2009, 12:05PM
Seat : Plaza Seating, P13-Q-4, $12.00
Game : Bees 4, 51s 2
-----------------------------
Salt Lake 000 000 400 - 4 4 0
Las Vegas 000 200 000 - 2 8 1
-----------------------------
W: Denham (3-0)
SV:Hill (6) 
L: Beam (1-2)
HR: None
Time: 2:44, Attendance: 6,953

5/2 はTシャツプレゼントのプロモーション、こりゃラッキー、買わずに済んだぜいっと翌日のデイゲームに着ていきましたが、試合途中、妙なことに気がついた。

観客の中に、地元51sのアイテムを身につけている姿をほとんど見かけないのである。よくよく観察すると、皆さん、じつにバラエティに富んだTシャツやジャージを着ていらっしゃる。MLBのチームはほとんど見かけたし、中にはPCL以外のマイナー・リーグのジャージ姿もチラホラと。

これは何か理由があるに違いないと、球場スタッフに聞いてみたが、”何のこと? 知らないよ?” 的な態度で、聞き方が悪かったのか、聞いた相手が悪かったのか、まったく要領を得ず。隣接するコンベンション・センターで、全米野球ファンのカンファレンスかなんかでもあったんじゃないかと推測もしてみたが、結局わからずじまいに終わったのが、心残り。

Ballpark Data

所在:ネバダ州 ラスベガス

開設:1983年4月1日

収容:9,334人

広さ:左翼 100.0m (328ft), 中堅 132.0m (433ft), 右翼 100.0m (328ft)

フィールド:天然芝

建設費:2,600万ドル

設計:Tate & Snyder, R. Gary Allen Design Architects

チーム:ラスベガス・フィフティーワンズ(2018シーズン後に新球場に移転)

リーグ:パシフィック・コースト・リーグ (AAA) パシフィック・カンファレンス南地区

アフィリエーション:トロント・ブルージェイズ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です