ドジャー・スタジアム

Dodger Stadium, Home of the Los Angeles Dodgers

訪問日:2009.5.4

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ダウンタウンのはずれの丘の上、行き帰りはタクシーしかあり得ないとずーっと思っていたのだが、最近の 「地球の歩き方」 では、バスによるアクセスを紹介している。とは言え、バス下車のあと、”坂を15分ほど上る” というのが、ビビる。ナイトゲームの帰りも 15分歩くのか? まわりに何もない所だぞ。

やはりタクシーで行くことにする。ゲートの近くまで来ると、混んでいるからと降ろされる。ここからは歩いて行けってわけだ。帰りのことを聞くと、タクシーがいっぱいいるから大丈夫とのこと。本当っすか? 以前に来たときには、電話で呼ぶしかなかったのだが。

タクシーを降りると、ちょうど歩いて上ってきた風の人がいた。聞いてみると、たしかに近くまでバスで来たとのこと。帰りはどうするつもりかまでは、聞きそこねた。

14年前、試合後にタクシーをコールする場所の定番は、外野後方の 76ガスステーションだった。公衆電話もあるし、目印としてわかりやすい。外野にまわって確認してみると、”76” のサインは残っているものの、ガススタンド自体は使われていないらしく、公衆電話も撤去されている。とても待合の場所にはなりそうもない。

はたして、運ちゃんの言ったとおり、タクシーはいるのだろうか? いるとしたら、どのあたりに? 最悪、携帯で呼ぶだけの話だけど。

さて、試合終了後。タクシーがいるとすればあのあたりかと見当をつけてゲート付近に向かうが、さっぱり見当たらない。初めからそうすりゃいいのだが、スタッフに聞いてみる。”ああ、それならあっちだよ” と教えられたのは、やはり外野後方。おお、たしかに。ズラッと黄色い車体が並んでいるではないか。長時間、暗闇の中をタクシー待ちすることもなく、ホッとした。

Walk in the park

14年ぶりのドジャー・スタジアム。何がいちばん変わったかっというと、そりゃチケット・プライスでしょうよ。かつて、メジャーのチケットは日本と比べて安いのがうらやましい、なんて言われていたもんですが...

$13 だったフィールドレベル席が、$120~$130 と約10倍、新たに設けられたベースラインのシートは最高 $285、なんと $500 というダッグアウト・シートも登場した。なんでも、ダッグアウトの選手の会話が聞こえるくらいの席らしい。

あまりにバカバカしいので、今回は外野席。ライト側は、最近はやりの All-You-Can-Eat (食べ放題) 席だが、元をとるほどの食べまくるパワーもないので、レフト側のパビリオンを購入、当日で $13。これまた 14年前の約 2倍である。そう言えば、外野席はアルコール禁止で、ノン・アルコール・ビアなんてのを売っていたという記憶があるが、今回はそんなことはなく、フツウにバドワイザー&ドジャードッグ。

Game




Date : May 4, 2009, 7:05PM
Seat : Left Field Pavillion, 305-H-15, $13.00
Game : Dodgers 7, Diamondbacks 2
--------------------------------
Arizona     010 001 000 - 2  6 2
Los Angeles 200 022 01x - 7 10 0
--------------------------------
W: Stults (3-1)
L: Davis (2-4)
HR: Ramirez (6), Ethier (6), Reynolds (7)
Time: 3:34    Attendance: 30,530

いまだに ”全米一美しいボールパーク” なんて解説を見かけることもあるが、オープンから半世紀近くたったいま、冗談にもならないことは一見して明らかである。三層に塗り分けられたシートも、すっかりくすんでしまった。せめてペイントし直せばいいのに。

ドジャース・サイトで発表されている、次の半世紀に向けた大リノベーション計画に期待しましょうか。

そうそう、もうひとつ変わったことといえば、ワタシ自身のメジャーに関する知識。選手名など、ほとんどわからなくなった。この日のゲームでも、知っている選手といえば、マニー・ラミレスだけ。そのマニー、2安打、1ホームラン、3打点の活躍。本拠地開幕連勝記録の更新(最終的に13連勝)に大きく貢献したが、直後に薬物規定違反が発覚しちゃいました...

Ballpark Data

所在:カリフォルニア州 ロサンゼルス

開設:1962年4月10日

収容:56,000人

広さ:左翼 100.6m (330ft), 左中 117.3m (385ft), 中堅 120.4m (395ft), 右中 117.3m (385ft), 右翼 100.6m (330ft)

フィールド:天然芝

建設費:2,300万ドル

設計:Praeger-Kavanagh-Waterbury

チーム:ロサンゼルス・ドジャース

リーグ:ナショナル・リーグ西地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です