RFKスタジアム

Robert F. Kennedy Memorial Stadium, Home of the Washington Nationals

訪問日:2006.8.11, 14

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

天下のキャピタル、10年ぶりの訪問。どこをとっても公園のような町という印象があったので、ぶらぶら歩いて行くことにする。ユニオン・ステーションから、Massachusetts Avenue をほぼまっすぐに、約40分。

もちろん、メトロを利用するのが定番である。聞くところによれば、D.C.の犯罪発生率はめっちゃ高いとのこと。オレンジ・ライン Stadium-Armony 下車。

Robert F. Kennedy Memorial Stadium と名称変更したのは、ケネディ弟暗殺の1968年。1961年のオープン時は、シンプルに D.C. Stadium だった。

当時、エクスパンジョンでアメリカン・リーグに復活したセネターズと、NFL レッドスキンズの共用ホームであったが、その10年後、セネターズはテキサスへ。

1997年、レッドスキンズもフェデックス・フィールドに移転、今度は、MLS D.C.ユナイテッドの本拠地となる。

ナショナルズとしては、2008年に新本拠地に移転するまでの仮住まい。D.C.ユナイテッドにしても、新スタジアムを計画中だから、オープン半世紀を間近にして、ついに空き家となるのだろうか。

てなわけで、現在はサッカーとベースボールの共用グラウンド、どのようにフィールドチェンジをするのか、見たかぎりではサッパリわからなかった。

Walk in the park

観戦初日の8/11、$40 の Terrace MVP なるシートを購入する。二層となっている客席の低層に位置するのだが、アッパーデックが屋根がわりにシートを覆っているタイプの座席。せっかくデッカイ球場なのに、視野がさえぎられてしまうのが、悲しい。

最初からアッパーデックにするか、思い切ってフィールド寄りのシートにするか。この日は、早々にアッパーデックへ移動。8/14 は、$50 の Field MVP。

Games

Date : August 11, 2006, 7:05PM
Seat : Terrace MVP, 316A-8-11, $40.00
Game : Nationals 2, Mets 1
-------------------------------
New York   100 000 000 - 1  5 0
Washington 020 000 00x - 2  7 1
-------------------------------
W: Traber (2-1)
SV: CCordero (21)
L: TGlavine (12-5)
HR: Lo Duca (4)
Time: 2:34, Attendance: 29,214

Date : August 14, 2006, 7:05PM
Seat : Field MVP, 111-6-8, $50.00
Game : Braves 10, Nationals 4
--------------------------------
Atlanta    020 141 020 - 10 14 1
Washington 100 200 001 -  4  9 0
--------------------------------
W: James (5-3)
L: ROrtiz (9-10)
HR: Church (7), CJones 3(18), Diaz (5)
Time: 2:52    Attendance: 21,550

試合前、骨付きリブに食らいつきながら、バドワイザーを流し込んでいると、電光掲示板にメッセージ。

"TONIGHT'S GAME NEW YORK CUBANS vs HOMESTEAD GRAYS"

なんだ、なんだ? メッツ vs ナショナルズ じゃないの? キューバンズ vs グレイズって?

実はこの日、Negro League Tribute Match なのであった。ゲーム前のセレモニーでは、ニグロ・リーグのかつての関係者 (選手じゃないよなー、さすがに) が紹介され、両チームは復刻版ユニフォームで試合をするという趣向。

1930年代後半から40年代にかけてキャピタルに居を構えていたホームステッド・グレイズ、そのレプリカ・ユニフォームを身にまとうのはナショナルズ。対するメッツは、胸に "New York"、こちらは現在のユニフォームと大差なく、つまらん。実に、つまらん。

ニグロリーグのことは、ほとんど知らなかったけれど、ここワシントンにもチームがあり、人気を博していたらしい。そんな歴史があるんだねえ、またひとつ賢くなったわい、という単純な感想を抱いて帰国したのだが...

現在の D.C.は、アフリカ系住民の比率がずば抜けて高く、その割合は 70% に達するというデータもあるようだ。圧倒的なマジョリティであるはずのアフリカン・アメリカンを、観客席にほとんど見かけなかったのは何故なのか。"観るのは白人、やるのは黒人" という構図が頭に浮かんでしまう。う~む。

そんな客席、よく声が出ていることに感心。" Take Me Out To The Ballgame " なんかも、皆さん、ちゃんと声を出して、気持ちよさそうに歌っている。

ビジターチームのファンが目立つのも特徴といってよいだろうか。

シェイ・スタジアムでおなじみの " Let's Go Mets !!" コールまで飛び出して、これはさすがに? と思ったが、よくよく聞いてみれば " Let's Go Nats !!" でした。でも、これってパクリって言わないか? 緊迫の場面では、メッツ、ナッツ、メッツ、ナッツと、ちょっと異様な盛り上がり。

Ballpark Data

所在:ワシントンDC

開設:1961年10月1日、MLB開幕 1962年4月9日 (2019年閉鎖)

収容:56,000人

広さ:左翼 102.1m (335ft), 左中 117.4m (385ft), 中堅 125.0m (410ft), 右中 117.4m (385ft), 右翼 102.1m (335ft)

フィールド:天然芝

建設費:2,400万ドル

設計:George Leighton Dahl, Architects and Engineers

球場名変遷:DCスタジアム (1961-1968), RFKスタジアム (1998-2019)

チーム:ワシントン・ナショナルズ(2007シーズン後に新球場に移転)

リーグ:ナショナル・リーグ東地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です