TDバンク・ボールパーク

TD Bank Ballpark, Home of the Somerset Patriots

訪問日:2010.8.11, 13

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ニュージャージー在住ビジネスマンの足となっている通勤電車 NJ Transit を使えば、ナイトゲームでもマンハッタンからの日帰り観戦ができる。とっても便利で、かつ安心。ただし、ちょっとした注意事項あり。

出発は、マジソン・スクエア・ガーデンの地下にあるペン・ステーション。North Jersey Coast 線、もしくは Northeast Corridor 線で、Newark Penn Station まで 20分弱。ここで Raritan Valley 線に乗り換える。

High Bridge / Raritan 方面に向かう列車は、どこが通勤電車じゃいっ! と毒づきたくなるくらい、ゆったりと走るように感じるが、それもローカル色あふれる車外の風景のせいなのかもしれない。

本当にこの先にボールパークがあるのか? と不安になりかけた頃、ようやく Bridgewater 駅着。Newark Penn Station から約45分、11番目の駅となります。運賃は、マンハッタンから、片道 $13.75。

ここで要注意ポイント... あまりに田舎な Bridgewater 駅、プラットフォームが短く、10両近くある車両のうち、真ん中あたりの1車両しかドアが開かないのである。たまたま隣りの車両に乗っていたから良かったものの、ひとつ間違えば乗り過ごしていたところだった。くわばらくわばら。

駅に降りれば、そこは外野フェンス裏。

Walk in the park

Premium Field Box というシート、なんと $12.50 という目をむくお値段。思わず買ってしまいましたが、内野ダッグアウト真後という位置は、個人的にはいまいち。少なくとも10列目以降で、フィールドをゆったり見渡せるくらいが落ち着くなあ...ということで、席が温まる前にそそくさと移動。

強気の価格設定だけあって、独立系リーグの優等生・アトランティック・リーグの中にあっても、動員力はロングアイランドに次ぐ位置をキープし続けている。ボールパークのクォリティもトップレベルと言っていいだろう。中でも二階席の Laxury Suites、フィールドをぐるりと見下ろすように 20部屋、いずれも盛況であった。

まあ、スイートから観戦する機会は未来永劫ないだろうが、実利的な点で言えば、観客席を2段に隔てる通路が余裕の造りで、立ち止まって観戦しても文句を言われないのが、超うれしい。

Games

Date : August 11, 2010, 7:05PM
Seat : Premium Field Box, 111-C-3, $12.50
Game : Patriots 3, Revolution 0
----------------------------
York     000 000 000 - 0 2 1
Somerset 100 000 02x - 3 8 1
----------------------------
W: J.Ellis (2-1)
SV: S.Williamson (1) 
L: C.Thurman (8-8)
HR: W.Lydon (5)
Time: 2:44, Attendance: 4,108

Date : August 13, 2010, 7:05PM
Seat : Field Box, 101-G-3, $10.00
Game : Patriots 9, Bears 1
----------------------------
Newark   000 100 000 - 1 5 2
Somerset 000 200 70x - 9 9 0
----------------------------
W: B.Pulsipher (3-0) 
L: K.Villa (2-6)
HR: J.Pressley 2(18), J.Burke (6)
Time: 2:22, Attendance: 6,052

1998年の球団創設以来、パトリオッツ監督として13年目のシーズンを努めるのはスパーキー・ライル。1970年代のMLBを代表するクローザーであり、1977年にはサイ・ヤング賞も受賞、掛け値なしのリジェンドである。試合前、サインを求められる人気度合いも、選手を押しのける勢い。

パトリオッツを5回のリーグ優勝に導き、監督としてリーグ通算最多勝利数を更新中、最優秀監督にも3回選出されている。いまやチームの顔でもあるが、球団創設時、まったく経験のなかったライルが監督に抜擢されたのは、やはりそのネーム・バリューによるものだっただろう。

一方、観戦2試合目の対戦相手ニューアーク・ベアーズを率いるのはティム・レインズ。エクスポズで活躍したのは1980年代なので、より親しみのある名前だ。ベアーズのラインアップには、ティム・レインズ Jr.の名も。2001年には、ケン・グリフィー親子に続き、史上2組目のMLB親子同時出場を果たしているが、いまだ親離れ子離れできずといったところか。

ジュニアと言えば、5年前にはロングアイランドでピート・ローズ Jr.に遭遇している。アトランティック・リーグは、メジャー経験者が多数所属することでも知られているが、ある意味、MLBの歴史をより身近に感じることができる場でもあるのでした。

Ballpark Data

所在:ニュージャージー州 ブリッジウォーター

開設:1999年6月7日

収容:6,100 人

広さ:左翼 96.6m, 中堅 122.6m, 右翼 96.0m

フィールド:天然芝

球場名変遷:サマセット・ボールパーク (1999), コマース・バンク・ボールパーク (2000-2008), TDバンク・ボールパーク (2009-)


チーム:サマセット・パトリオッツ

リーグ:アトランティック・リーグ  (Independent)  フリーダム地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です