オリンピック・スタジアム

Olympic Stadium, Home of the Montreal Expos

訪問日 : 1999.4.29, 5.2

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

地下鉄メトロ1号線グリーンラインでダウンタウンより10分ほど、ガイドブック通り Pie-IX駅の改札を出ると、右手に「Stade」とある。うむ、これはフランス語で「Stadium」のことであろうとの見当は、自慢するほどのことでもないが大当たり。地上に出ることもなく、そこはすでにスタジアムゲート前の広場。

これほどアクセスに悩む必要のないボールパークも珍しい。安全性と利便性では、MLB中でもトップクラスだろう。

Walk in the park

98年の平均入場者数は11,000人あまり、今シーズンはここまで10,000人をわりこみ、ウィークデイともなると 5,000人あたりをさまよっている。 したがって、前売りなど買わずとも座席は選びたいほうだい、なのだが、Pie-IX駅からの地下通路には、ちゃんとダフ屋さんもいた。

モノの本によれば、ここオリンピック・スタジアムには見にくい座席多し、VIP席がおすすめとある。その VIP席というのはフィールドレベルのバックストップ裏、たしかに良い席にはちがいないのだが...

まず、おそろいのブレザーを着たスタッフが、VIP席への不法侵入者にたいして目を光らせており、エリアへ入るときにはいちいちチケットを見せないといけない。視界をさえぎるネットが気になり、座席移動の機会をうかがうも、このブレザーな方々の視線が気になって動きにくい。せめてその特権を享受しようと、御用聞きサービスでかけまわるウェイトレスに声をかけようとするが、こちらがオーダーしたいと思うときほど、近くに来てくれない。

ガラガラのボックス席をわたり歩きながら、さまざまなアングルからの眺めを楽しむのが、やはり性にあっているようですね。

Games

Date : April 29, 1999, 7:05PM
Seat : Terrace Box, 201-K-6, $13.00
Game : Giants 6, Expos 5
----------------------------------
San Francisco 001 110 201 - 6 13 4
Montreal      010 010 021 - 5  9 0
----------------------------------
W: Ortiz (3-2)
SV: Nen (9) 
L: Pavano (0-4)
HR: None
Time: 3:26, Attendance: 5,253

Date : May 2, 1999, 1:35PM
Seat : VIP Box, 104-VV-6, $33.00
Game : Cardinals 8, Expos 7
-------------------------------
St.Louis 301 200 000 2 - 8 11 0
Montreal 100 002 003 1 - 7 14 0
-------------------------------
W: Acevedo (2-1)
SV: Radinsky (2) 
L: Urbina (2-3)
HR: Tatis (9), Vidro (3), Widger (5)
Time: 3:48, Attendance: 11,610


5/2は”Special Event Day”とのことだが、その内容、”St. Louis Cards series”とあったのには、思わずズッコケた。要は開門を早めるので打撃練習をご覧あれというわけ。もちろんマグワイア人気をあてこんでのことである。フランス語版地元紙のスポーツ面にも、”Big Mac arrive en ville!”(Macが街にやってくる!)というタイトルがおどり、おらがチームへの愛がいまひとつ感じられないのが、ものがなしい。

開門を早めるといっても、どのくらい早めるのかわからず、とりあえず3時間前からゲート付近で様子をうかがう。実際の開門は1時間半前だったのだが、これって本当に開門を早めたのだろうか? ともあれ、期待通りことごとく打球をスタンドに放り込んだショウの主役はお疲れのようで、結局先発からははずれていた。

もうひとりスターティング・ラインナップをはずれたのがいて、エクスポズのゲレロ兄。モントリオール訪問を決めるまで、エクスポズについての予備知識は皆無、かろうじてウィルトンとヴラジミールのゲレロ・ブラザーズの名だけは覚えてきたのに、これは Big Mac欠場よりもガッカリ。

つい数日前に1イニング2グランドスラムの離れ業をやってのけ、MLB史上にその名を残したフェルナンド・タティス、その3ランHRでゲームは幕開け。 またしてもエクスポズ一方的劣勢かと思いきや、かのゲレロ兄も途中出場で2安打、9回ウラにはそのシングルを足がかりに ヴィドロの同点3ランもとびだし延長へ。が、粘りもここまで。 Cards 勝利確定の10回ウラには、最後のファンサービスとばかりにマグワイアも守りで顔を見せる。ゲームにはほとんど出なかった Big Macに、はじめと締めの主役をもっていかれた我らがエクスポズなのであった。

Ballpark Data

所在:ケベック州 モントリオール(カナダ)

開設:1976年7月17日

収容:46,500人

広さ:左翼 99.1m (325ft), 左中 114.3m (375ft), 中堅 123.1m (404ft), 右中 114.3m (375ft), 右翼 99.1m (325ft)

フィールド:人工芝

建設費:7億7,000万カナダドル

設計:Roger Taillibert

チーム:モントリオール・エクスポズ (2004シーズンを最後に移転)

リーグ:ナショナル・リーグ東地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です