シチズンズ・バンク・パーク

Citizens Bank Park, Home of the Philadelphia Phillies

訪問日:2013.5.2, 5

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

0年ぶりのフィラデルフィア。前回訪れたのは、ベテランズ・スタジアム最後の年だった。旧スタジアムは、2004年3月21日に爆破解体され、跡地は駐車場となっている。

ダウンタウンからのアクセス方法は、10年前と同じでした。フィラデルフィアの公共交通網 SEPTA の地下鉄 Broad Street Line で、市内中心部から南へ10数分、終点の AT&T Station (旧名 Pattison駅)で下車。

おっと、駅名が変わってますね。ってことは...

そ うです、またもやネーミング・ライツ。金に目が眩んだ SEPTA (!?) が AT&T に命名権を売却したんですね。しかしまあ、市民の足であるメトロの駅名まで... 地元民の利便性にとってどうなのか? しかもいつかまた変わっちゃうかもしれないわけだから、観光客を戸惑わせることにもなるのでは? あぁ、ネーミング・ライツ...

ちなみに、AT&T Station を降りればわかるが、この一帯は全米でも有数のスタジアム・コンプレックス。ワコビア・センター (NHLフライヤーズ、NBA セブンティシクサーズ)、リンカーン・フィナンシャル・フィールド (NHL イーグルス)も当駅下車となります。

Walk in the park

ひとつの座席にじっとしているわけじゃないので、お安いチケットで十分といつも思うのだが、念のためインフィールド・ボックスに堂々と入れる権利を確保しようと、今日もまたそれなりの席を買ってしまうのである。

結果的には、立見席でも良かったんじゃないかと思いました。それくらいスタンディングエリアは充実していて、特に往年のフィリーズ・レジェンド、リッチー・アッシュユバーンを称えて、”Ashburn Alley” と名付けられた外野コンコースでは、立ち見用の肘掛け台にBBQプレートを置いて、飲食しながらの観戦だってできる。

あ、それから! デイゲーム、もしくはナイトゲームの前、晴れていたならぜひ、アッパーデックに上ってみてください。レフト側のスコアボード、ライト側のグランドスタンドに挟まれ、その向こうに浮かび上がるダウンタウン・スカイライン、数あるMLBボールパークの中でも、1,2を争う絶品の眺めです!

Games

Date : May 2, 2013, 7:05PM
Seat : Field Level (Baseline), 113-23-3, $46.00
Game : Phillies 7, Marlins 2
--------------------------------
Miami        100 001 000 - 2 7 1
Philadelphia 010 120 03x - 7 8 0
--------------------------------
W: K.Kendrick (3-1) 
L: A.Sanabia (2-4)
HR: J.Ruggiano(4), D.Brown(4), R.Howard(4)
Time: 2:48, Attendance: 36,978

Date : May 5, 2013, 02:35PM
Seat : Field Level (Baseline), 114-39-3, $53.00
Game : Marlins 14, Phillies 2
----------------------------------
Miami        504 001 022 - 14 13 2
Philadelphia 000 000 020 -  2  4 1
----------------------------------
W: K.Slowey (1-2) 
L: R.Halladay (2-4)
HR: A.Hechavarria(2), J.Ruggiano(6)
Time: 2:55, Attendance: 45,276

渡米初日、5/2の観戦は、フィラデルフィア名物・チーズステーキ&バドライトでお腹を満たした後、ひたすら時差ボケとのたたかい。ハワードの一発の瞬間も見逃してしまったよ。トホホ...

5/5、フィリーズの先発は、2000年代最高の投手とも評されるロイ・ハラデー。名前のわかる数少ない選手のひとりだけに、頑張ってほしかったが打たれまくり、フィリーズ、ボロ負けです。ハラデーはこの直後DL入り、右肩手術を受けることが決まったそうです。

勝ち負けとも関係ないし、メジャーらしいスーパープレーがあったわけでもない、”野球の醍醐味” という表現も当てはまらないが、これはちょっと珍しい? というプレーは、1回と3回、マーリンズ満塁の場面。いずれもバッターはヘチャバリアでした。打球はレフトとライトの違いこそあれ、フェンス上段あたりに当たって跳ね返る。で、いずれもビデオ判定...

結果、1回は三塁打のまま、3回はグランドスラムに判定が変わる...  だからどうというわけではないですが、なんか不思議なものを見た気分。

Ballpark Data

所在:ペンシルバニア州 フィラデルフィア

開設:2004年4月3日

収容:43,651人

広さ:左翼 100.3m (329ft), 左中 114.0m (374ft), 中堅 122.5m (402ft), 右中 112.5m (369ft), 右翼 100.6m (330ft)

フィールド:天然芝

建設費:4億5,800万ドル

設計:HOK Sport (現 Populous), Ewing Cole Cherry Brott, Agoos Lovera Architects

チーム:フィラデルフィア・フィリーズ

リーグ:ナショナル・リーグ東地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です