ドワイヤー・スタジアム

Dwyer Stadium, Home of the Batavia Muckdogs

訪問日:2018.8.10

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ロチェスターからグレイハウンドで約40分、バタビア着。ジェネシー・カウンティ空港近く、ルート90(New York State Thruway)脇で降ろされる。バスステーションとは言っても、何か目印があるわけではない。コンビニが隣接しているガスステーションのほか、周辺にはレストランが1軒、ホテルが数軒。そのうちの一つにチェックイン。

球場はここから徒歩で。Oak Street を南へ10分、次に Richmond Avenue を東へ10分、さらに State Street を北へ10分行くと、右手奥がボールパーク。

ニューヨーク州立盲学校を大きく回り込むような感じで歩くわけだが、このあたりはバタビア市北西部のはずれで、町の中心部からは離れた閑静な住宅地。広大な公園の中を散歩するような気分でした。

Walk in the park

チケットは、Reserved Field Box ($9.00)、General Admission ($7.00) の2種のみ。前方の数列がフィールド・ボックス、後方のベンチシートが一般席(GA)という区分である。

メジャー、マイナーを問わず、最近では内野席にネットが設置されるのがスタンダードとなりつつあるが、この球場に時代の波が届くのは、最後の最後じゃないかと思う。どの座席からもフィールドが近く感じられるボールパークです。

Game




Date : August 10, 2018, 7:05PM
Seat : General Admission, $7.00
Game : Doubledays 5, Muckdogs 3
----------------------------
Auburn  020 110 001 - 5 11 1
Batavia 010 020 000 - 3  5 1
----------------------------
W: Peguero (4-3)
SV: Ramirez (1)
L: Culbertson (1-3)
HR: Blash (5), O'Connor (3), Jarvis (1), Encarnacion (4)
Time: 2:33,Attendance: 989

”Buck-A-Beer Friday”、金曜の夜は1ドルでビールがふるまわれる。じゃあバドライト・プリーズと言ったら4ドルって、え? プロモの対象は Labatt Blue Light 限定だそうです。カナダのビールですね。

観客数は 1,000を割り込みましたが、バタビア市の人口 1万5千人だもんなあ。東京の日の出町に球団があると考えれば立派なもんだ。

そんな球場ならではのほのぼの光景。試合前、フィールドの選手と観客席の少年がキャッチボール。球場スタッフは、たぶん2、3人。イニングの合間には、ダッグアウトの上でマスコットと一緒にダンスもします。

すれ違いざまに話しかけてきたおじさん、なにかと思ったら、球団・球場ひっくるめて $6 billion で買わないか? とのこと。何でワタクシだったのでしょうか。金持ってそうに見えますかねえ。ま、そうだよな。

いやまじでチームは買い手を探しているようで、もしかしたらあのおじさん、本当のオーナーだったのかも? 真剣に相談にのってあげればよかった...

Ballpark Data

所在:ニューヨーク州 バタビア

開設:1996年6月24日

収容:2,600 人

広さ:左翼  99.1m (325ft), 中堅 120.0m (400ft), 右翼  99.1m (325ft)

フィールド:天然芝

設計:Highland Associates

建築費用:300万ドル

チーム:バタビア・マックドッグス

リーグ:ニューヨーク=ペン・リーグ (Short Season A)  ピンクニー地区

アフィリエイション:マイアミ・マーリンズ 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です