仁川文鶴野球場

Inchoen Munhak Baseball Stadium

인천문학야구장

訪問日:2017.5.2-4

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

仁川1号線 「文鶴競技場駅」 下車。2番出口を出て、左斜め正面に見えるのは駅名にある巨大スタジアム、別名ワールドカップ競技場。ボールパークは右手にあり、球場内からはライトスタンドの向こう側に、帆船を模した競技場のフォルムが見える。

アクセスは難しくないが、ソウル中心部からは結構時間がかかる。地下鉄の乗り継ぎを考えると、1時間半くらいは見た方がよい。5/2 の試合は4時間近くかかったのだが、東大門区のホテルに帰るために乗った5号線は、ギリ終電でした。

Walk in the park

10数種の多彩な席種。バックネット裏のテーブル席、内野指定席は一般席と応援席、アッパーデック席、外野は芝生席のほか、ファミリー、カップル向けの席、バーベキューエリアも。

観戦1日目。韓国語はまだまだ不自由なので、シートマップを指さして適当に、このへんジュセヨ~。応援指定席は、ホームの一塁側は売り切れで三塁側を購入。エリア移動のチェックはかなり厳しく、せっかく周回できる構造なのに、どうしてもバックネット裏を突破できず。

なので2日目は、バックネット裏を購入。高い席の権利を持っていれば、他のエリアへの移動も寛大というのは万国共通。高いといっても 33,000ウォンだから、MLB、NPBに比べれはるかに良心的価格設定です。

作戦は功を奏し、球場内をブラブラとしながら、さまざまな眺めを楽しむことができました。

3日目、アッパーデックの一般席で、移動することもなく、爆音応援にひたりながらまったり観戦。

Games

Date : May 2, 2017, 18:30PM
Seat : 応援指定席 30ブロック 10列 7番, ₩11,000
Game : Eagles 6, Wyverns 5
------------------------------------
ハンファイーグルス 100 200 012- 6 13 0
SKワイバーンズ   000 210 200- 5 13 1
------------------------------------
Eagles: 宋昌式(W,1-0), SV:鄭ウラム(3)
Wyverns: 徐眞勇(L,1-2)
HR: 朴正權(3), 羅州煥(4)
Time: 3:59, Attendance: 19,045

Date : May 3, 2017, 14:00PM
Seat : テーブル指定席(2層) 14ブロック K列 15番, ₩30,000
Game : Eagles 9, Wyverns 8
------------------------------------
ハンファイーグルス 051 010 010 1- 9 12 1
SKワイバーンズ   003 200 021 0- 8 10 0
------------------------------------
 Eagles: 鄭ウラム(W,3-0), SV:宋恩範(1)
 Wyverns: 朴廷培(L,1-1)
 HR: 金京言(1), 韓東旻2(11), ロザリオ(6), 鄭義潤(3), 許道渙(1)
 Time: 4:03, Attendance: 25,000

 Date : May 4, 2017, 18:30PM
 Seat : 一般席, ₩9,000
 Game : Wyverns 6, Eagles 2
 -----------------------------------
 ハンファイーグルス 001 000 001- 2 10 0
 SKワイバーンズ   000 020 40x- 6  8 0
 -----------------------------------
 Eagles: 朴鐘勲(W,3-2)
 Wyverns: 安永命(L,0-3)
 HR: 羅州煥(5), 鄭義潤(4)
 Time: 3:28, Attendance: 23,069

ソウル近辺は、さまざまな野球観戦の選択肢があるのはご存じの通り。観戦2日目(5/3) の当初の予定としては、フューチャーズリーグ(KBO二軍)か、天気が思わしくなければ高尺ドーム行きを考えてました。文鶴での観戦初日、この球場、絶対にデイゲームも体験すべきと直観、結果3日連続で仁川通い。

球場に入ってまず目を奪われるのは、1年前にインストールされた横63m、縦18m の超巨大スクリーン 「ビッグボード」。いやあ、これはやっちゃいましたねー。日本ではまだお目にかかれないド派手な掲示板です。

内外野フィールドはきちんとメンテされた(つまり、うすらハゲの無い)天然芝、見下ろすアッパーデック席から、バックネット席を買えばコンコース周回しながら、内野フィールド席にネットはあるものの、球場の眺めという点ではもはやメジャーと遜色なしです。

球場エクステリアに関して言えば、それっぽい撮影ポイントが無くて、寂しいっちゃ寂しいのですが、まあいいや。凝ったボールパークサインをデザインしたところで、球場名が 「仁川SK幸福ドリーム球場」 じゃね。「文鶴野球場」 でいいでしょうに。命名権、トホホ。

お、ワイバーンズの監督、トレイ・ヒルマンだったのか。あとから気がつきました。

Ballpark Data

球場名:仁川文鶴(インチョンムナク)野球場

所在:仁川広域市南区買召忽路618 仁川文鶴競技場内 (韓国)

開設:2002年2月25日

収容:26,000 人

広さ:左翼 95m, 中堅 120m, 右翼 95m

フィールド:天然芝

球場名変遷:仁川文鶴野球場 (2002-2014)、仁川SK幸福ドリーム球場 (2015-2020)、仁川SSGランダースフィールド (2021-)

アクセス:ソウル地下鉄仁川1号線 「文鶴競技場 (ムナクキョンギジャン) 駅」下車 徒歩2分

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です