マーリンズ・パーク

Marlins Park, Home of the Miami Marlins

訪問日 : 2015.5.1-2

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

2012年オープン、4年目のシーズンを迎えたマーリンズ・パーク、タクシーで数10分かけて行くしかなかった前本拠地と比べ、格段にアクセスが楽になったそうだ。ありがたい。

無料モノレール メトロムーバー Government Center 駅近くのバスターミナルへ向かう。ここから7番のバスに乗れば良いはず。駅には市バスの全路線図が取り揃えてあるのだが、ちょうど7番のルートマップだけ品切れ中。あとから思えば、これがミソのつきはじめだったのかも? 窓口で聞いてみると、意外にもバスではなく、高架鉄道メトロレイルで行けるとの情報。あれ? と思ったが、まだ時間もあることだし、物は試しだ。

案の定っつーか、やっぱりウソでした。っつーか、私の英語が通じなかっただけ? 30分以上ロスしたが、気を取り直して再びバスターミナルへ。ところが今度は、7番のバス停が見つからない。それらしい感じの何人かに聞いてみるが、みんな首を横にふるばかり。ひどい場合には、まったく見当違いの場所を、さも知ったように教えられたり。かなり焦りはじめた。なんなんだよもう、マイアミの奴ら使えねえな。タクシーも時折見かけるが、どこで乗れるかわからない。

なすすべもなく、バスターミナル付近をオロオロとしているときに、声をかけてくるオッサンあり。あの、なんつうか、自由人? みたいな人。

7番? ボールパークへ行きたいって? オー、それならあそこだ。教えられたバス停は、バスターミナルから SW 1 Street をへだてた所に、地味に存在していた。さんきゅーべりまっちょ! マイアミの人は親切だ! ん? なに? 2ドル欲しいって? あ、そういうこと... だよね。自由人のオッサンにお礼の2ドル。いやマジ、感謝しとります。

これでギリギリ間に合ったかぁと思いきや、ここから待つことさらに 50分あまり。球場入りは、プレイボールから 30分後となった...

あのねー、たとえばさ、BM社刊『メジャーリーグ選手名鑑・球場ガイド』。「緑色の標識が目印の停留所で7番線に乗り、7番通り沿いにある球場前で下車する。(中略)昼間はおよそ10~20分間隔で走っている」って。この説明だけじゃ、たどり着けませんって。

よくよくマーリンズのサイトを調べてみると、他にも専用シャトルや、メトロレイルの駅からのアクセスも紹介されてました。”Parking” のページに書いてあるんだもん、見逃しちゃったよ。ってなわけで、2日目の帰りは、トロリーでメトロリンクの Civic Center 駅へ。楽だし、タダだし。

Walk in the park

たけぇなと思いながら、インフィールドのシートを購入。ほとんど自席には落ち着かず、球場内をウロついてましたが。

アッパーレベルからの眺めも楽しみたいと思ったが、エスカレーターのチェックで止められた。ちょっと見てくるだけだからいーじゃん、と言ってみたが、無理でした。

Games

Date : May 1, 2015, 7:10PM
Seat : Home Plate Box B - 3rd, SEC19-7-20, $68.00
Game : Marlins 4, Phillies 3
---------------------------------
Philadelphia 000 030 000 - 3  5 1
Miami        010 020 001 - 4 13 0
---------------------------------
W: Cishek (1-1)
L: Giles (1-1)
HR: Utley (3)
Time: 2:57, Attendance: 18,511

Date : May 2, 2015, 4:10PM
Seat : Home Plate Box B - 1st, SEC9-9-1, $66.00
Game : Marlins 7, Phillies 0
---------------------------------
Philadelphia 000 000 000 - 0  6 2
Miami        031 101 10x - 7 13 0
---------------------------------
W: Haren (3-1)
L: Hamels (1-3)
HR: Prado (2)
Time: 2:38, Attendance: 33,348

ご存じの通り、MLB現役最年長野手となったイチロー・スズキを擁するマーリンズ。思ったほど、日本人の客は見かけなかった気がする。1日目は数人、2日目はそれなりに。

そーいえば、シアトルでイチローを見たのは、もう10年以上前なんだねえ。中途半端な走塁で、1、2塁間で挟まれてアウトになったことだけは覚えてる。今回は、左前打で出塁後、次打者ヒットの走塁時にベースを踏みそこねるというボーンヘッドがあったそうだ。”あったそうだ” というのは、その瞬間は席をはずしていて見逃しているからです。残念、貴重な場面だったのになあ。

2015年現在、MLBで最も新しい、開閉式の屋根を備えるボールパーク。シーズン 81試合中、70試合は屋根を閉めた状態で行うのだそうです。今回、ルーフオープンのもとで観戦できたのは何より。2日目、天気良かったので、閉めちゃうのはもったいないと思ったが、そこがマイアミということらしい。天気がいいからこそ、屋根を閉めないとやってられないんだって。ほんとかなあ。

レフト側は吹き抜けになっていて、屋根を開けようが閉めようが、ダウンタウンスカイラインが見通せる。でもやはり、フタを開けたときの開放感とは比べ物になりませんわ。

Ballpark Data

所在:フロリダ州 マイアミ

開設:2012年4月4日

収容:37,442人

広さ:左翼 104.9m (344ft), 左中 117.7m (386ft), 中堅 121.9m (400ft), 右中 119.5m (392ft), 右翼 102.1m (335ft)

フィールド:天然芝

建設費:6億3,400万ドル

設計:Populous

球場名変遷:マーリンズ・パーク (2012-2020), ローンデポ・パーク (2021-)

チーム:マイアミ・マーリンズ

リーグ:ナショナル・リーグ東地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です