福島レッドホープス西会津球場

Fukushima Red Hopes Nishi-Aizu Stadium

BCリーグ : 信濃グランセローズ 11-4 福島レッドホープス

訪問日:2022.5.3

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

2019年に球団としてネーミングライツ契約を締結、チーム名を冠した球場にしたわりには、特にメインのホームとして活用するというわけでもなさそうで、今シーズンはここで4試合のみを開催予定の福島レッドホープス。

JR磐越西線 野沢駅はSUICAが使えないので、あとで精算のための証明書をもらってから、さゆり公園へ。30分弱、他に徒歩で向かう同志は見当たりませんでした。コンビニもないので、腹ごしらえは現地の球団提供メニューの中からのチョイス、肉巻きおにぎり入りやきそば(600円)。降ったり晴れたりという天候で、意外と冷えたので、今日は生ビは遠慮しておきました。ってか、1杯も売れなかったはず。

今やほぼ絶滅危惧種にも等しい厚紙仕様チケットが、うれしい。

Walk in the park

観客数は指折り数えて3桁にはいかないだろうなと思いましたが、正式発表を見てやはり... うち80名は車でやってきたジモティの皆さんですね。福島訛りに囲まれてほんわか気分。

ロケーションがロケーションなので、雲が風に吹き流されたときの眺め、その開放感はもちろん言うまでもなく。

ただし、ネット裏は頑丈で太目の鉄骨製枠付き。

Game




Date : May 3, 2022, 13:00PM
Seat : 自由席, \1,500
Game : Grandserows 11, Red Hopes 4
---------------------------
信濃 061 000 013 - 11 14 2
福島 400 000 000 -  4  6 1
---------------------------
W:山本
L:国分
HR: 小西 1
Time: 3:17, Attendance: 81

福島も信濃も、初めましてのチーム。どちらもチームカラーが赤なので、あまり見分けがつかず。信濃の球団歌は耳に残ったが、福島は? 球団歌ないのかな?

無駄な四球とか守備のもたつきがあると、どうしても試合が延びて、ダレてしまいます。冷え込みもあって、終盤はさかんに体を動かしながら観戦。隣には、やはりずっとストレッチしながら撮影するスタッフのお姉さん。

レッドホープスの監督は岩村明憲、株式会社福島球団代表取締役でもあり、けっこう長い期間にわたってチームに関わっているようです。思い返せば、生の岩村を見るのは2008年のレイズ時代以来。チーム力的にも集客的にも、なかなか厳しい状況かと思うが、なんとか頑張ってほしいもの。

さゆり公園の名前の由来が気になってしまいますが、どうやら、この地域でしか見られない貴重な花 ”ヒメサユリ” からきているらしい。

Ballpark Data

球場名:西会津町さゆり公園野球場

命名権売却による名称:福島レッドホープス西会津球場

所在:福島県耶麻郡西会津町登世島字西林乙2529(さゆり公園内)

開設:1981年

収容:100名

広さ:左翼 92m, 中堅 120m, 右翼 92m

フィールド:内野 土、外野 天然芝

アクセス:JR磐越西線 野沢駅下車 徒歩約30分

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。