ペトコ・パーク

PETCO Park, Home of the San Diego Padres

訪問日:2014.5.3-4

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

南カリフォルニアの2つの田舎町をめぐったあとに訪れたサンディエゴ。いやあ、大都市ですなあ。人も車も多い! 流しのタクシーがビュンビュン走っているというだけで、圧倒される。

ボールパークはダウンタウンの南東、ホテルは北西、トロリーでのアクセスもできるようだが、時間もせまっていたので行きはタクシーで直行。試合後は比較的賑やかな通りを選び、歩いて帰る。30分ほどかかりました。

午後1時すぎのプレイボールにはかなり早いが、2日目の朝も散歩がてら徒歩で球場へ。海岸沿いをほぼまっすぐ、道なりに行けば良いはず。

そろそろ照明塔くらい見えてもいいはずなんだけど、おかしいなーと思い始めた頃だった。ふと気がつくと、右手にあったはずの空母ミッドウェイがなぜか左手に??? さらにあれれ? 2ブロック先に見えるのは、出発点のホテルじゃないですか!?

どこをどう間違ったのか、まっすぐ歩いていたつもりが、いつのまにかUターンして元の場所に戻っていたという… エッシャーのだまし絵に紛れ込んだ気分です。

そういえば、途中でショートカットしようとして道を曲がった記憶は、確かにあるような? とてつもない方向音痴ですわ… まあ、おかげで、ホテルから2ブロックという近場にリトルイタリーを発見、最後のディナーを優雅にワイン&パスタで締めることができました。迷い道も旅のお楽しみだよっ!

Walk in the park

MLBでは当たり前になったが、細かく分類された多彩なシーティング、数えてみると28種。その中から選んだ内野フィールド席は、だいたい上から5番目くらいのランク。なのに、試合途中でちょっとだけ席を立った際、そのチケットを紛失。あちゃー。

そんなわけで、またもや球場内を徘徊することにしました。特徴的なシートがいくつか。

最も有名なのが、レフト側にある Western Metal Supply Co. Building、元々建設予定地にあった築100年・レンガ造りの建造物をそのままの形でボールパークに組み込んで利用。その脇にあるスコアボードの背後には、キッズ専用の小さな野球場もある。その名も Park at the Park。さらにスコアボード裏は巨大スクリーンになっており、パブリックビューイング開催中。すぐそこで生観戦できるのにいってことなんだけど、家族連れに喜ばれるエリアなんですね。

しかし何と言っても、お奨めはアッパーデック。センター側に接したダウンタンビル群の向こうに、サンディエゴ空港に着陸しようとする飛行機が、試合中何度も横切るのが見えます。

Games

Date : May 3, 2014, 5:40PM
Seat : Field Plaza, 110-30-14, $57.00
Game : Diamondbacks 4, Padres 3
------------------------------
Arizona   020 010 100 - 4 14 0
San Diego 000 000 003 - 3  9 0
------------------------------
W: McCarthy (1-5)
SV: Reed (8)
L: Kennedy (2-4)
HR: Montero (4), Gyorko (2)
Time: 3:11, Attendance: 35,213

Date : May 4, 2014, 1:10PM
Seat : Field Plaza, 115-5-17, $51.00
Game : Padres 4, Diamondbacks 3
-----------------------------
Arizona   000 300 000 - 3 8 0
San Diego 001 200 001x- 4 8 3
-----------------------------
W: Street (1-0)
L: Perez (0-1)
HR: Goldsshmidt (5)
Time: 2:56, Attendance: 32,657

そういえば、今シーズンからMLBに導入されたビデオ判定システム ”チャレンジ”。2日目の観戦では、このシステムが試合の動向を決定的に左右することに。

パドレスが ”チャレンジ” を仕掛けたのが、7回と9回。どんなものかと思ったけど、けっこう盛り上がってました。アンパイアの協議中、球場のスクリーンには問題のシーンが繰り返し写しだされる。ワンプレーの重みが球場全体で共有される雰囲気は悪くない。1度失敗すると2度目は使えないという条件があるので、使い方にも抑制が効き、乱用も避けられる。

7回のチャレンジが失敗すれば9回も無かったわけだが、2回目のチャレンジで息を吹き返したキャメロン・メイビンがボテボテの内野ゴロの間に生還して、パドレスのサヨナラ勝ち! 判定がくつがえったあとで、アンパイアにブーイングする客がいるのを除けば、この新システム、悪い試みではない。

試合後、MLBでは初めて見たが、ヒーローインタビューやってました。何言ってるのか聞き取れなかったけど、どうせ大した内容じゃないっしょ。こちらは日本からの悪しき輸入品だと思う。

Ballpark Data

所在:カリフォルニア州 サンディエゴ

開設:2004年4月8日

収容:42,445人

広さ:左翼 101.8m (334ft), 左中 111.9m (367ft), 中堅 120.7m (396ft), 右中 117.4m (385ft), 右翼 98.2m (322ft)

フィールド:天然芝

建設費:4億5,000万ドル

設計:HOK Sport (現 Populous)

チーム:サンディエゴ・パドレス

リーグ:ナショナル・リーグ西地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です