警察碧蹄野球場

Gyeongchal Byoekje Baseball Field

경찰벽제야구장

訪問日:2015.8.6

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ソウル2日目、昨年に続き、フューチャーズリーグ(KBO二軍)観戦にチャレンジしてみた。「永登浦駅」から路線バスで1時間あまり、終点「奈遊洞」バスターミナル着。

さて、ここからが問題、野球場はどこだ? ひとり悩んでいても埒があかないので、目についた老若男女に ”ヤグジャヌンオディエヨ?” と聞いてみる。野球場の写真も駆使、身振り手振りまじえての熱演だったが、皆さん首を横にふるばかり。決して韓国語が通じなかったわけではない、と思うんだけど。

5人くらい聞いたところで早くもぐったり。GPS検索でも表示されないし、こりゃもう、いつものとっておきの手段に頼るしかない。カン、ですな。

上か下か、はたまた真ん中か。えいっままよ、道なりにゆるい坂を上りはじめて2、3分、背の高いネットが見えてくる。ビンゴ!

永登浦と奈遊洞を結ぶ市バスは本数も多く、始点から終点まで乗っていればよいので、その点は気を遣う必要無しでした。

Walk in the park

韓国フューチャーズリーグに所属する警察チームの本拠地です。警察修練院の中にあるグラウンドは、間違っても入場料を頂戴して興行できるような器じゃない。座席は一塁側にひな壇式の木製ベンチがあるのみ。三塁側、及び外野には行けません。

なんとなく既視感あるんだけど... あ、そっか、西武第二球場。座席に屋根がある分だけ、こちらの方がマシでしょうか。 この日の観客は、指折り数えて26名。うちライト近くの立ち見観戦者2名、高級カメラ所有の追っかけ女子5名。

Game




Date : August 6, 2015, 13:00PM
Seat : 一塁側ベンチ席, 無料
Game : Police 3, Goyang Dinos2
---------------------------------
高陽ダイノス 000 200 000 - 2 10 0
警察野球団   010 101 00x - 3  7 1
---------------------------------
Police: 申在永(W, 10-3)、張現植(SV, 14)
Dinos: 朴晋佑(L, 3-5)
HR: 金到賢(2)
Time: N/A, Attendance: 26

 

警察チームと言っても、本籍がKBOプロ球団という選手もいることに気づきました。たとえば、この日10勝目をあげた申在永投手はネクセンの保留選手。いろいろ調べてみると、警察は警察でも「義務警察」ってのがあって、職務内容は警察なんですが、兵役の一種みたいなものだそうです。軍隊のチーム 「尚武 (サンム)」 も同じですが、野球団に合格すると実質的な兵役逃れができるとか。

そんなわけで、日本の実業団とはまた一味違って、若きプロスペクトたちのプレーが、ごく間近で観戦できるのが、この球場の唯一のアドバンテージなのでした。

Ballpark Data

球場名:警察碧蹄(ピョクチェ)野球場

所在:京畿道高陽市徳陽区奈遊洞 (韓国)

開設:2006年

収容:約100人

広さ:左翼 91m, 中堅 105m, 右翼 91m

フィールド:内野:土、外野:天然芝 天然芝

アクセス:ソウル地下鉄1号線 「永登浦(ヨンドゥンポ)駅」永登浦消防署 タイムスクエアから 1082番バスで約1時間、終点「奈遊洞(ネユドン)」バスターミナル から徒歩5分

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です