台中棒球場

Tauchung Baseball Stadium

行政院體育委員會台中棒球場

訪問日:2008.5.4

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

台北から、2007年に開通したばかりの台灣高鐵(台湾新幹線)で約1時間、台中へ向かう。運賃はNT$700、自由席ならNT$630。「新鳥日」駅でローカル線に乗り換える。台中駅までNT$15。

台中駅からはバス、「中友百貨」で下車したのはいいが、方向感覚皆無。ここは聞いてみるっきゃないっしょ。道行く人をつかまえて、”請問、棒球場在哪ㄦ?” と声をかけてみる。”おお、ほーむらん、ほーむらん!” だって。どうやら通じたみたいです。

「育才街」を行くと正面に台湾体育学院、球場はこの敷地内にある。立派な構えの大学正面は「力行路」側にあるが、球場はその反対側。ちょっとわかりにくいが、「雙十路」から路地に入ると、その奥にエントランス。

台中からの帰りも高鐵で。「新鳥日」行きの路線がわかりにくくてちょっとドキドキ。新幹線自由席は座れなかったが、乗車1時間なのでちょっとのガマンです。台北からの日帰りトリップ無事完。

Walk in the park

二軍戦なので免費、つまりタダってことです。ほぼカンペキにネットに覆われたバックストップ後方の席のほか、亜熱帯の直射日光を避けることのできる場所はない。観客は50~60人といったところか。

Game




Date : May 4, 2008, 2:00PM
Seat : 免費
Game : Bears 10, Elephants 0
--------------------------------
LaNew 熊隊 201 101 500 - 10 15 2
兄弟 象隊  000 000 000 -  0  5 0
--------------------------------
Bears: 王豐鑫(W)
Elephants: 王昱博(L)
HR: None
Time: 2:55, Attendance: N/A

前日につづき台北でナイトゲーム観戦という選択肢も当然ありだったのだが、魔がさしたのか、わざわざ台中でファーム観戦...このチョイスは自分でもどうかと思う。ま、デイゲームが観たかったってことです。

タダってことで、フード、グッズ関係の販売をはじめ、サービスと言えるものはいっさい無く、唯一メンバー表が配らたくらい。ところが、これが試合前に両チームが交換する本物のメンバー表のコピーだったんですね。監督のサインも入っていて、ちょっとうれしい。

台中棒球場、興農ブルズのホームであるわけだが、この日のカードはまったく関係なく、LaNew 熊隊 vs 兄弟象隊。 台湾野球と言えば、なんと言っても象さんチームの黄色いユニフォーム。天然芝にこれほど似合わない色も、なかなかないと思う。容赦ない陽射しの中で、目に眩しいイエロー。

台北に戻り、デイゲーム観戦でほてった身体を癒やすべく、台湾ビールをもとめて入った店のテレビでは、天母で行われている象隊と熊隊の一軍戦を中継。6年ぶりに台湾野球に復帰した張誌家(元西武ライオンズ)が中継ぎで登板、1回無失点におさえたこの試合、延長12回引き分け終了まで見届ける。ビール飲みながらテレビ観戦、覚えていないくらい久しぶりに堪能しました。

Ballpark Data

球場名:行政院體育委員會台中棒球場

所在:臺中市雙十路一段16號 (台湾)

開設:1935年

収容:8,000 人

広さ:左翼 99.1m (325ft), 中堅 122.0m (400ft), 右翼 99.1m (325ft)

フィールド:天然芝

アクセス:台中駅前から市バス 100, 102, 105番に乗り 「中友百貨」下車

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です