シェイ・スタジアム

Shea Stadium, Home of the New York Mets

訪問日:2008.8.17-18

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

ユナイテッド 800便、16:20 JFK国際空港着。バゲージは機内持ち込みのため、荷物受け取りで待たされることもなし、入国審査もすんなりと通過、この時点で17:10すぎ、まずは順調である。 おなじみのトラフィックジャムを計算にいれても、18:30にはマンハッタンのホテルにチェックイン、すぐに地下鉄に乗り込めば、ほぼプレイボールの頃にはスタジアムにたどり着けそうだ。

空港を出るとすぐ目の前にマンハッタン行きのシャトル、さっそく乗り込んだところで期待にたがわずトラブル発生。ドライバーと乗客の一人が口論がはじまったのである。どこかのターミナルに荷物を置き忘れた、とかいうことらしい。ドライバーは「そんなこと、オラに言われても困るだ」みたいな責任のがれらしきことばかり言ってるし、オバサンのヒステリーは高揚するし、他の乗客もあきらめ顔で苦笑するしかない、といった態。

そんなこんなで約1時間のロス。チェックインを終えるとすぐに Subway No.7へ、マンハッタン中心部から20分あまり、Willets Point - Shea Stadium駅の目の前にあるスタジアムについたのは、20:00頃だった。JFKからマンハッタンへのアクセスに関しては、まもなく渋滞しらずのエアトレインが開通するらしいので、こんなヤキモキも、これが最後でしょうね。

Walk in the park

今回は、旅程プランニングの段階で2度のスケジュール変更を余儀なくされた。エアのキャンセル料金1万円、あわせて痛かったのは21日にリザーブしていたヤンキー・スタジアムの Loge Seat、65$。チケットマスターではキャンセルを受け付けてくれないとのことで、一応無駄な努力と思いつつメールでも問い合わせたのだが、ダメなものはダメ。

Mets のオンライン予約システムは、こちらはこちらで思い通りに処理が完了せず、なぜかクレジットカードの番号がおかしいだのなんだのとのメッセージ。これもメールで問い合わせると、実にあっさりとしたリプライ、”じゃあ当日窓口で” そ-ゆーことを聞きたかったんじゃなくて、どうしたら予約できるのさ、いったい? と、しつこく食い下がるのはやめておっしゃる通りにしましたが、なんかくやしい。

8/17当日チケットを購入し、球場入りしたのはプレイボール約1時間後。エントランスでバッグの中身(小ぶりのデイパックです)を確認され、すんなり通された。ウワサでは 2001.9.11以降、手荷物持ち込みは厳しくチェックされると聞いていたのだが?

観戦2日目の 8/18、この日は手荷物チェックを行う以前に、バッグを預けてから入場するよう指示された。正面エントランス前の駐車場に大きなトラックがあり、これが即席の手荷物預かり所、$5を払ってタグを受け取った。今思い出したが、そういやあの $5、返してくれなかったよなあ。$5ねえ...それって入場料の値段じゃないのか?

Games

Date : August 17, 2002, 7:10PM
Seat : Loge Box, 12-J-13, $29.00
Game : Dodgers 10, Mets 4
---------------------------------
Los Angeles 005 300 200 - 10 17 0
New York    000 000 211 -  4  4 1
---------------------------------
W: OPerez (11-8)
L: Astacio (11-6)
HR: Piazza (24), ShGreen (36)
Time: 2:51, Attendance: 50,763

Date : August 18, 2002, 1:10PM
Seat : Field Box, 267-D-8, $33.00
Game : Dodgers 2, Mets 1
-------------------------------
Los Angeles 001 010 000 - 2 9 0
New York    001 000 000 - 1 4 2
-------------------------------
W: Ashby (9-9)
SV: Gagne (43)
L: Trachsel (8-9)
HR: None
Time: 3:08, Attendance: 42,386

ドジャースの先発ペレス、序盤の大量得点にも援護され、6回までメッツをパーフェクトに押さえ込んでいる。やや緊張感がただよいはじめた7回ウラ、二番オルドーニェス四球で一塁へ。その直後、マイク・ピアッツァの450フィート弾。一気に時差ボケも吹き飛ぶ、文字通り目の覚めるような一発。

ナ・リーグ東地区最下位、とどまる術もなく12連敗真っ只中のメッツ、ゲームはいまさらひっくり返しようもないが、念願かなってこのあと”Let's Go Mets”コールにも唱和でき、それだけでナットクです。

2002年シーズン、ニューヨークにおけるオールド・フレンドリー・ボールゲーム、セブンス・イニング・ストレッチは ”God Bless America”、続けて”Take Me Out To The Ballgame”、やはりこの曲でなくちゃね。

Ballpark Data

所在:ニューヨーク州 クイーンズ

開設:1964年4月17日(2008シーズンを最後に閉鎖、2009年解体)

収容:55,777人

広さ:左翼 103.0m (338ft), 左中 113.1m (371ft), 中堅 125.0m (410ft), 右中 113.1m (371ft), 右翼 103.0m (338ft)

フィールド:天然芝

建設費:2,850万ドル

設計:Praeger-Kavanagh-Waterbury

チーム:ニューヨーク・メッツ(2008シーズン後に新球場に移転)

リーグ:ナショナル・リーグ東地区

VK All in One Expansion Unit

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です