セキュリティ・サービス・フィールド

Security Service Field, Home of the Colorado Springs Sky Sox

訪問日:2008.8.10-11

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

グレイハウンドの車窓からロッキー・マウンテンを眺めつつ約1時間半、デンバーよりさらに数百メートル空に近づく。セキュリティ・サービス・フィールド (旧名スカイソックス・スタジアム) は、プロの野球場としては全米一の標高 (6,531ft、約1995m) に位置するボールパーク。

コロラド・スプリングスの名所といえばオリンピック・トレーニングセンター、おりしも北京では大運動会の真っ最中だったが、多くの五輪強化選手が高地トレーニングのために集まってくる町なのである。

メインストリートは Tejon Street、ダウンタウンとは言っても、繁華街っぽい雰囲気をただよわせているのはその数百メートルのみ。ダウンタウン中心部で、おそらく唯一のホテルは 1883年開業の老舗旅館 Antlers 、現在は Hilton 系列となっている。

その Antlers の前にタクシー乗り場があり、球場はここから約20分、チップ込みで $25.00~$30.00。試合終了後も、ダウンタウンからタクシーを呼ぶことになる。

スタジアム近くまでバスが出ていることは確認できたのだが、運行は1時間に1本程度、ダウンタウンからはどうやら乗り継いで行く必要があり、ナイトゲームの頃には営業終了みたいです。

Walk in the park

AAAクラスの球場としては、まあ、ランク的には ”並以下” と言うしかないのだろうが、レフト側ファウルライン寄りの芝生席、カネのかかっていないこのエリアが、ほんとにキモティー! 晴れていれば、だけど。

タクシーの運ちゃんによれば、コロラド・スプリングスはこの時期、サンダーストーム&トルネードなんだそうだ。なるほど、週間天気予報は、ほぼ毎日稲妻マーク。

デンバーでもそうだったけど、昼間のうちはめっちゃいい天気なのに、午後から雲がモクモクと発達してくる。ナイトゲームの頃にはあっちでピカピカ、こっちでゴロゴロというのが、どうやらこの季節の定番らしい。見通しのよい外野の向こう側には、ずーっと雲がおおっているのが見通せる。一部の雲の下だけ、はっきりともやっている(この表現アリ? でもわかってほしい) ところがあり、ああ、あそこはいま雨なんだなとわかる。

やがて、真っ青な空に真っ黒な雲、美しい風景画の上に墨汁をまき散らしたかのように。

Games
Date : August 10, 2008, 1:05PM  
Seat : Box, 115-F-4, $11.00  
Game #1 : Sky Sox 6, Beavers 5  
-----------------------------------   
Portland         200 011 01 - 5 8 0   
Colorado Springs 300 100 02 - 6 9 1  
-----------------------------------  
W: Bowers (6-1)  
L: Moreno (5-5)  
HR: McAnulty (10)  
Time: 2:23  

Game #2 : Beavers 3, Sky Sox 2  
----------------------------------   
Portland         100 100 1 - 3 7 0   
Colorado Springs 000 100 1 - 2 7 0  
----------------------------------  
W: Gonzalez (7-5)  
SV: Hayhurst (2)   
L: Redman (7-4)  
HR: Venable (13)  
Time: 2:01, Attendance: 4,869  

Date : August 11, 2008, 7:05PM  
Seat : Box, 113-E-3, $11.00  
Game : Sky Sox 12, Beavers 4  
-------------------------------------   
Portland         020 000 200 - 4 12 1   
Colorado Springs 010 120 80x -12 14 2  
-------------------------------------  
W: Towers (6-7)  
L: Bass (2-2)  
HR: Bernier (8), Koshansky (25)  
Time: 2:48, Attendance: 2,527 

今回旅程中唯一のデイゲームは、サンデー・プロモーション 50¢ホットドッグの日。一人4個までの制限付きだが、ちょっと待った、そんなに食うヤツいるか? いえいえいとんでもない、ここはアメリカ。全員が全員、老いも若きも ”フォー・ハッダッグズ、プリーズ”。負けてはならじと4個オーダーしたものの、パンはパサパサ、ソーセージはしょっぱすぎ。やっとの思いでビールで流し込む。

ダブルヘッダーのこの日、第一試合、8回ウラにスカイソックスが逆転2ラン! と、なぜか選手全員がホームプレート上でお出迎え。ここでサヨナラ勝ちということらしい。

つづく第二試合、こんどは7回で打ち切り。要するに、2時間超えたら終了ってこと? 3時間オーバーのダラダラ試合が連日続くのも問題かもしれないが、ダブルヘッダーだからと言って無理矢理時間でぶった切るのもどんなもんかと。1点を争う好ゲームだっただけに...

Ballpark Data

所在:コロラド州 コロラド・スプリングス

開設:1988年6月18日

収容:8,500人

広さ:左翼 106.7m (350ft), 左中 117.4m (385ft), 中堅 125.0m (410ft), 右中 117.4m (385ft), 右翼 106.7m (350ft)

フィールド:天然芝

建設費:340万ドル

設計:HNTB

球場名変遷:スカイソックス・スタジアム (1988-2004), セキュリティ・サービス・フィールド (2005-2019), UCヘルス・パーク (2019-)

チーム:コロラド・スプリングス・スカイソックス(2018シーズン後に移転)

リーグ:パシフィック・コースト・リーグ (AAA) パシフィック・カンファレンス北地区

アフィリエーション:コロラド・ロッキーズ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です