キャンベルズ・フィールド

Campbell's Field, Home of the Camden Riversharks

訪問日:2003.9.6-7

※記事の内容・データは、特に記載した場合を除き、訪問時のものです。

Get to the park

今や、マイナーリーグ訪問にあたっての事前チェックには欠かせないサイト"球場巡礼"、市内の足は SEPTA だが、近郊列車の PATCO で行けるとわかり、今回も大助かり。SEPTA と PETCO、知らなかったら、実にまぎらわしく、混乱すること必至であった。

さて、下車駅はベン・フランクリン橋を渡って最初の駅、City Hall(ちなみに、SEPTA にも同名の駅がダウンタウンの真ん中にあり、これも事前に知らなかったらあたふたするところだった)とのことだが、列車は無常にも City Hall駅を通過してしまった。何度トライしても停車せず、理由はさっぱりわからなかったのだが、いま思えば、この駅は週末には停車しないという推測が当たっているような気がする。

ボールパークは、City Hallの次の駅、Broadway からでも意外と近く、徒歩で15分程度。ただし、方向音痴でない人に限っての話だが。地下のプラットホームから上がってきて、最初に向かう方角を間違えようものなら、けっこう悲惨なことにもなりかねない。この日はたまたま勘がさえていて、川のにおいをたよりにズンズン歩いていくと、まもなく球場名の由来である大きなキャンベル・スープ缶とマスコットが見えた。

Broadway駅は、グレイハウンドのステーションにもなっていて、けっこう人がたむろしている。NJ Transit というフィラデルフィア行きのバスも頻繁に出ており、結局 Broadway駅を利用するのが正解であろうというのが、今回の結論である。

Walk in the park

独立系リーグとは言え、けっこう人気のボールパークというウワサは聞いていたし、レギュラー・シーズンのホーム最終2戦ということで、一抹の不安を抱いてチケットウィンドウに向かう。実際、渡米前にインターネットでチェックした際には、内野のフィールド席はソールドアウトのようであった。

さて、"Best Available"と所望してゲットしたシートは、2日分ともホームプレート近く一塁側前から 10列以内、デラウェア川をわたるベン・フランクリン橋を外野後方に見渡せる、まさにベストシート。年間予約どころか3~5年間ライセンスもあるというその名もエグゼクティブ・スイートというボックスもあり、こちらもかなりのにぎわいを見せていたのにも驚いた。

Games

Date : September 6, 2003, 6:35PM
Seat : Field Box, FLD108-D-9, $9.00
Game : Riversharks 4, Pride 2
---------------------------
Nashua 000 001 010 - 2  7 0
Camden 000 200 02x - 4  8 1
---------------------------
W: Mathews (5-4)
L: Darley (1-1)
HR: Manessn (18) 
Time: 2:15, Attendance: 4,826

Date : September 7, 2003, 1:35PM
Seat : Field Box, FLD108-G-10, $9.00
Game : Riversharks 5, Pride 2
----------------------------
Nashua 000 002 000 - 2   7 0
Camden 210 020 00x - 5  10 0
----------------------------
W: Ward (4-1)
L: Corbin (8-7)
HR: Howell (3), Pena (14) 
Time: 2:18, Attendance: 4,711

一般のマイナー・リーグは8月いっぱいでシーズンを終了するが、このアトランティック・リーグは9月半ばまでレギュラー・シーズンの日程が組まれている。てなわけで、こちらの夏休み日程と照らし合わせた結果、今回初の独立系マイナー・リーグ観戦となったわけである。

独立系と言っても、デフェンス面をはじめとしてなかなかの好プレーがつづき、けっこうやるじゃん、という感じ。レベルはそれなりである。ときおり PATCO の列車も行きかうベン・フランクリン・ブリッジ、あわせてフィラデルフィアのダウンタウンが見渡せる外野後方の絶景だけが、決してこのボールパークのすべてではない。

とも思ったが、同日夜のメジャーの試合では、ピッチャーの投げ込むボールにしても、バッターの打球にしても、やはりスピードの違いを感じさせられましたです。

Ballpark Data

所在:ニュージャージー州 カムデン

開設:2001年5月11日(2018年解体)

収容:6,425人

広さ:左翼 99.1m (325ft), 左中 109.7m (360ft), 中堅 123.5m (405ft), 中深 126.8m (416ft), 右深 114.3m (375ft), 右翼 99.1m (325ft)

フィールド:天然芝

建築費用:2,500万ドル

設計:Clarke Caton Hintz

チーム:カムデン・リバーシャークス(2015シーズンを最後に活動停止)

リーグ:アトランティック・リーグ  (Independent)  南地区

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です